• 03 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 05
よんいちぜろ
日々のこととか、自分勝手な呟きとかそんなん。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CATEGORY : にっき
人間失格のストロングワールド
DATE : 2010-02-22-Mon  Trackback 0  Comment 0
こんばんは、410です。足がしびれてます。

昨日宣言したとおり、今日は映画に行ってきたよ!
ワンピースを観るつもりでいたんだが、結局家族と人間失格も観にいくことに。脅威の二連続でした。
まぁ感想とかはそんなに興味ないと思うんで、追記に。


いや、映画とか、漫画とか、小説とか、あとリアルに自分で散歩したり、誰かと会ったり、結論すべての物事が「小説を書きたい!」につながる。
クレジット終わってからはーってため息をついて、最初に思うのは「終わった」でも、「帰り支度しよう」でもなくて、「わたしも書きたい」なんだ。
とにかく、書きたくて仕方なくなるんだ。その展開を受け継ぐとか、自分ならどう書くかとか、そういうことはあまり思わないんだけど、なんだか猛烈に書きたくなる。
それが、すごくしあわせ。
うん、しあわせだ。
世界には「書きたく」なるものが溢れてる!まったく最高すぎるぜ!


さて、どうでもいいわたしの感想。


○人間失格
いや、なんというか……世界観の再現ハンパないっす。
人間失格は小学生の頃に読んで「こいつマジヤバイ」と思ったくらいで、それほど好きでもないし、映画化したからといってその評価も大して変わらないんだけど、うん……改めて観ても、あのダメ人間ハンパないな!
でもなんだろ、ダメになってしまうのもすごくわかるというか、あーもうこいつマジどうしようもないなさっさと死ね!とかにはならなくて、なんだろ……わたしは逆に、葉蔵は本当に人間だと思うんだ。
ダメなところが、マジで人間。
ダメな理由は酒とか女とか、あと薬とかあるんだけど、でも根っこは自分はどうして生きているんだろうという、理由のない理由で、真面目で素直で、そのくせ遊び人で、ちょっとひねくれてて、いい意味でも悪い意味でも人に影響される。
たぶんあの子は誰よりも生きたくて、でも誰よりも死にたくて、誰よりも人が好きで、だからこそ嫌いで、その中には自分も含まれていて……ってかんじなのかな、と。
マジでダメな人間なんだけど、ダメじゃないんだよなってところもあって……だからこそダメだなって思うところもあって。
否定と肯定が延々続く、というか。
うん、まあ、一言で言えばマジダメ人間。
でも、だからこそ、生きて欲しかったな。
そうはいかないのが太宰の世界……つーか現実の世界なんだろうけど
生田斗真さんの演技がまじですごかった。うわっ、すげ、あの面倒くさい文章再現してる!みたいな。
頭の中に文章が浮かぶもの。

でも全世界の女子にはあんな男に釣られて欲しくないです☆
あと、わたしは中原中也の作品がすごく好きなんですが、映画の中也イケメンすぎて吹いたwwwwwwww
なんだあのイケメンwwwwwwwwwwwwwww
茫洋茫洋

なんだろー、うーん、映画なんだけど、あくまで文学作品の延長みたいな感じがして、違和感が全くなかった、です。あくまでもわたしには。
たまーに原作小説でも、映画化したりアニメ化したり漫画化すると「あれ?この文章からこういう映像ができちゃうの?」ってなることあるじゃないですか。いい意味でも悪い意味でも。
それが、殆どなかった。本当に作品の本質を掴んで表現されてて、だけどただなぞるだけじゃなく……でも入れた部分には違和感なく、っていう。
文章の持つ雰囲気に忠実だ。
うん、あれはわたし、好きだな。
太宰作品はあんまし強烈に好きではないんだけど、あれは好き。

なるほどなー。映画ってすごいなーと思った。


○ワンピース
うん、最初からクライマックス。
前評判でかなり気合はいってると聞いていたので、「ははは、わたしは覚悟してっかんな。そんな、圧倒なんかされないからな」と思ってたら、とんでもねーや。
画面がイキイキしすぎてどうしようかと……

ワンピースは世界観が単純だけど、深くていいよね。
最初のへんはよりバトル要素の強いジブリみたいだなーと思ってたけど、中盤からいやいややっぱりワンピースだよと思った。くくれねぇよアレは。
マジで楽しかった。わくわくした。

あと、すごいなーと思ったのはワンピースならではの魅せ方!
原作者さんご本人が指揮執ってるだけあって、いちいち「ワンピ」!
ナミの台詞をあえてそこで出さない、とか、ルフィの台詞とかもうなんか、あれはやばい……。あれこそ、書きたくなる。
わたしもああいう「そこでそう来るのかーっ!」っていうの書きたいよ!
あと個性的なキャラクターとか。
同じ出来事でも、ルフィにはルフィの、ゾロにはゾロの、他の人には他の人の考え方とか、その人なりのやり方とかあって、だけど根本にあるのは同じ感情、同じ信念。
なんというか、キャラクターの個性がすごーく分かりやすいというか。
うん……すごく魅力的ですよね。いいなあ、みんなかわいくてかっこいい

キャラクターの作り方とか魅せ方とかマジで勉強になる。そして何よりも、楽しい。わくわくする。どきどきする。最強すぎる。まさにストロングだぜ……

個人的にブルックがかっこよかったなーと思います。ブルックすき
あとはまあ、ゾロは言うまでもない。あの人はどうしてあんなに格好いいの?そしてどうしてそんなに格好悪いの?
ロビンちゃんとフランキーはもうちょい見せ場がほしかったーと思うけれども、わがままは言うまい。
あとチョッパーがマジでかわいい。あれ欲しい。ちびルフィも欲しい。
ウソップに抱きつくときのチョッパーがかわいすぎて、なんかもう……あれ欲しい
ウソップは相変わらず、いい男。ぶっちゃけ、麦わら海賊団の中では一番いい男だと思う。顔じゃなくて。
ナミさんはセクシーすぎて悶え死ぬかと思った。んでもって、ハンパないいい子……!ベイビーちゃーん
敵方も個性的なキャラ多くて、金獅子も零巻読むとマジこいつぱねぇって涙が出そうになる……
あとノジコかわいいですノジコ

あと最後の白ヒゲ→エースのコンボでマジで泣きそうになりました



結論。
いいトコしかないキャラよりも、普段ダメなのに、ここはいい、ここはいいのに、ここはダメ。そういう矛盾が大事だなと思いました。
いいトコも悪いトコも、魅力的。
いやまあ、途中、頭ひっぱたいてやろうかと思うところも多々あったけれども
マジこいつダメだな!って思ったり、なんだかちょっと胸があつくなったり、テンション上がったり、かっこいいー!ってなったり、せつなくなったり、あーもうなんか楽しすぎる。

そして、書きたいです。
あー、もう、書きたい。頭の中がぎちぎちにアイディアで満ちている。いや、アイディアと呼べるクオリティじゃない、マジちっさいのばっかだけど、すごく書きたい。
こんなにも書きたいことが頭の中にあるのに!なんという中原中也……
何かを得て、何かを生み出したいと思う。すごくしあわせだ。何度でも言うぜ!

まあ、今日は眠いから寝るけどさ。明日はまた書くぞー!でもなんか、わくわくしすぎて寝れなさそうだ!終わってもわくわくするってすごいなあ、まったく



ついでに。
にゃーにゃーにゃーにゃー!




<追記の追記>
サンジに全く触れてなかった。いやいや……格好よかったよ?うん……ゴメン(
あー、思い出した!スーツ着てた時にサンジだけいつも通りで吹いた!あとラストのピンクのシャツが似合いすぎて吹いた!
……うん、マジでゴメン……
うん、中盤の戦いとか、カッコいいシーンなのにこの子はwwwwwwもうwwwwwwwwwwwすきだwwwwwwwwwww

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TrackBack//URL
Copyright © よんいちぜろ. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。