• 04 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 06
よんいちぜろ
日々のこととか、自分勝手な呟きとかそんなん。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CATEGORY : にっき
おらんだあああああああああ
DATE : 2011-08-07-Sun  Trackback 0  Comment 0
もうなんかね、あの国の歴史は本当、なんかもう、最早神話。410です。
歴史は総じて大好物ですが、あの国とあの国とあの国はもうなんか別次元だよ。
わたしが好きな国は大抵黒歴史があるよね。
まあ、そんなもんどこの国にもあるけどね。
要するになんかもう一周して世界平和だよね。
今日も地球は平和です。

まじでなんかもう、住みたいです。住みたすぎて暴走するレベル。
オランダ語はドイツ語と似ているところもあるので、ドイツ語を必死にやっているくらいです。
おかげでドイツ語だけやけに成績がいいとかね。あるあるすぎて……。
同じ理由でフランス語もなんとかならんもんかな……。
フランク語→派生してフランス語!みたいな?無茶すぎる。

うん、海外はなんかもう知識欲的にハァハァしてしまいますね。
旅行もいいんですが、観光地とかよりは、日常生活でどうなのかとかそういうのが気になる。文化、文化が大事なんだ。
もしももうちょっと若かったらリアルに留学したかったよね。
別にオランダでなくてもいいんだぜ。どこの国に行っても歴史ハァハァする自信がある!!!!!!!!!
ごめん、ちょっと無茶言った!!!!!!!!あの国は無理だ!!!!!!!!!!!
まあそれは日本にいても同じなんですけどね。日本史ハァハァできるし、日本の文化おもろいよ。
なんかこう、歩いててふと古い町並みに触れた時とかMAXだよね。
街を歩いてたらさりげなく歴史資料館とかぽつーんてある、この幸せ。
郷土史とかもなかなかに面白いですし。

うん、歴史オタっていろんな人がいると思うんだが、わたしはなんというか、人がやってきたことがすげえ魅力に思えるです。
たとえそれが黒歴史であろうともだ!
人が何か考えて何かするには、必ず原因があるわけじゃないですか。
その原因をたどっていくと、すごいよ、終わりがないんだよ!すごくない!?
おひげの人とかもね、どうしてそうなった→あの戦争が……→いやでもそもそもあの戦争って……→(省略)→歴史の謎が……!!!!!!!!というね。
なんかもう、思考が右ナナメだったりね、理解できなかったりね、そういうのがすげえ楽しい。
わたしだったらそうはおもわねーよ!みたいなのが、なんかもう当然だったりするわけじゃないですか。
それが何十年続いて文化になってるとかもうよだれが……。

ただ、現実に自分と同じに生きてる人間には暴言を吐きまくるのは、結局歴史ってわたしに都合がいいからだと思うわ。自分と関係ないもん。
たとえわたしが死ねよと言った誰かさんの人生の先に何十年と語り継がれるようになる歴史があるとしても、わたしは結局死ねよと思うわけで。
あれですね、自分との関連性を見出すのは好きですが、もともと関連があるものに関しては客観的になれないから、知識欲的に満足できないんだとおもうよ。偏った知識はないほうがマシだとおもう。
でもショタが好きなのはそこに不確定な未来というロマンがあるからだと思うので、それはまあ、ある種意味不明なものを知りたいというわたしの欲に適っているのやもしらん。
要するにわけわかんないものを、自分に関係ないもんーって遠くからによによ眺めるのが好きです。そうじゃなきゃ黒歴史とか知るだけで死にたくなるよ。

まあ移住するまではいかずとも、外国の方と触れ合うのはすごく好きなので、日本語教諭とか超なりたいよね。外国の文化しりたいよ。教科書みせろ。
今のまま大学で普通に教員免許を取る→その流れで……を目指すか、資格を取ってしまうかは考えどころだ。
というか、中学のころからその野望は持っていたので、ボランティアとかやったり、ペンフレンド()を大量に作ったり。おかげで学校の授業がたるい→授業態度で成績ががが の負の連鎖も生まれてしまったわけだがまことに遺憾です。
まあ妄想するのは自由ですよ。明日も仕事ですよ。うふふ。

知りたいことがたくさんあるってしあわせだ……。
でも、あの数式とかあの理論とかはしりたくなかったな……。
立ちふさがる文理の壁。

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TrackBack//URL
Copyright © よんいちぜろ. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。