• 07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 09
よんいちぜろ
日々のこととか、自分勝手な呟きとかそんなん。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CATEGORY : にっき
僕がたっくんと病ミノ美少女リヴァイアサンを作るセカイ そのさん
DATE : 2011-06-17-Fri  Trackback 0  Comment 0
とうとう最後になりました。いかにきれいにまとめるかを今から考えながら、そんなの……無理だ……!と思っていたりする410です。
どうでもいいですが持って帰って友人に読ませようと思っていた欠落フェティシズムが見当たりません。というか、誰かに貸したまま帰ってきてない気がするんだけどその誰かが思い出せない。
そして実は欠落は一度友人が気に入りすぎて貸したままプレゼントしたので、今持ってるの二冊目なんですよね。
これはアレですか、三冊目購入フラグですか。
わたしどんだけ欠落好きなんだよ。いや好きだけど。
というか、うちではよくあることである。誰に貸したか忘れるわたしが悪いんだと思うけど、自分を責めるのはよくないから誰か責任取って。


そんなわけでラストがどの作品か大体予想できちゃいそうだけどその前に!

①あくまでもわたしの『感想』である
②わたしは女オタクである(女の子に関しては共感型、男の子に関しては憧れ型、腐女子ではない)
③ネタバレはないつもりだ

以上のことをそんなこたぁいいんだよ!と言える方は続きからどぞ。



とうとうやって来たぜ3冊目。


僕が美少女をつくる理由 (ガンガンノベルズ)僕が美少女をつくる理由 (ガンガンノベルズ)
(2011/04/22)
日野 イズム

商品詳細を見る


これまでの二冊と比べるとかわいい表紙。だがしかし公共交通機関で読むには危険すぎる一冊。
わたしを見つめるサラリーマンのおじさんの目が忘れられません……。

さて、これはみなさんご存知、ガンガンオンライン 第一回短編小説カーニバルにて見事1位に輝いた、「君の声、僕の物語。」の連載版の書籍版です!まだるっこしい!
わたしもリアルに投票した一人なので、本を手に取ると謎の感動がありますね。
だから第三回をry
某先生の連載については……なんか追求したら☆で責められそうなのでやめます。楽しみにしています。

と、脱線しました。
えー。まず議題は「この作品の真のヒロインは誰なのか」というところですね。
たいていの人は水野先輩だと答えるでしょう。わたしもそう思っていました。
しかし、読み終わってからの意見としては、真のヒロインは翠ちゃんだ!
スクエニ作家さんにロリコン多しと言えど、日野先生は真性 筋金入りです。ツイートを見ていると時々不安になりますもの。
そんな日野先生がおそらくこだわりを持って生み出したのであろうロリが、かわいくないわけがない!
というかかわいいですうぇへへ。
あれですね、水野先輩の水野先輩モードが自分すぎて困ります。
あと藍先輩がイケメンすぎて抱いて!
アオくんについては特に言うことはありません☆

そうですね、短編の時でもじゅーぶん完結しているというか、すっきりした終わり方だったので、どう続けるのかなあと思ったらまさかのイベント参加という。
アオくんの成長っぷりがこわいです。まどマギとか見てそうですね、アオくん。
んでもって、よりキャラクターについて掘り下げてあって、新キャラクターもいたりして、よりアオくんに属性がついたりして、これでアオくんと絡めそうな男キャラがいた日にはどんな恐ろしいことになっていたのか……!gkbrwktk

あとは、いろんな方がもう言っているのでわたしが言う必要もないと思うのですが、こういう、生みの苦しみというかなんというかは、わたしも通っているわけで。
途中からガチでアオくんがんばれえ!水野先輩がんばれえ!ってなりますよね。
あと、音声ってそうやって録音するのか、と。しらなんだ。
ちなみにわたしはコスプレイベント以外参加したことがないんですが、いつか同人でサークル参加とかしてみたいです。誰か僕と契約して同人サークル作ってよ!

そうですね、これまでの二冊と違い、もう何も考えずにキャラに萌えられるのがこの一冊!安心して萌えるがいい!
だからこそラストに紹介させていただきましたとも!
二冊を読んだ後で読むと、救われます。何って、アオくんのツッコミに。
彼は余すところなく突っ込んでくれるので、こちらは何もしなくていいのがイイ!
三作品の中で一番友人になりたいのはアオくんですね。

あとは、途中途中にはさまれるオタク講座。
となっていますが、実際には読み手は大抵オタクであるはずなので、ほぼボケのターンですね!
ほんわかしすぎていてアオくんがんばれ☆ってなります。
うん、この本はアオくんをひたすらにニヨニヨしながら応援する一冊だと思いますね。応援という名の羞恥プレイ的な。

でも、実際、モノを作り上げるということにはドラマと苦労があって。
そりゃあ途中でやめたいとか、進まないとか、いろいろあるわけなんですが、どんだけ苦労しても成果がついてくるとは限らないわけでですね。
でもそんな中ででも、たった一言だけでも感想をもらえたりすると、もうなんかイイや!ってなってしまうものなのですよね。
ということで、改めて感謝の気持ちを取り戻したと、そんないい話で締めくくったらなんかイイかんじになるかなと思いました。打算まみれか!
アオくんたちにも、日野先生にも、これからも作り続けてほしいです。
わたしもがんばります。とりあえず作家にレベルアップできるように……。







というか、あとがきの日野先生の家族愛でちょっぴし泣きそうになった。
お兄ちゃん欲しかった……。あと声優の妹も。

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TrackBack//URL
Copyright © よんいちぜろ. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。