• 07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 09
よんいちぜろ
日々のこととか、自分勝手な呟きとかそんなん。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CATEGORY : にっき
俺たちの旅は終わらねぇ!
DATE : 2011-05-15-Sun  Trackback 0  Comment 0
思えば遠くに来たものだ。410です。
これで旅行記録終わるぜえええええええ!
ただ、写真をうpするのを忘れたので、次の記事で写真集的なものをね。ね。
ちゅーても、撮ってたり撮ってなかったりなんですけどねーっ。

さて。
みなさまと別れて部屋に戻り、朝風呂に入る→寝る にするか、寝る→朝風呂 にしようか考えながら、ナンプレをやっていたところ(ナンプレ大好きだぜええ)
まあ、予想の通り 寝たよね。

起きたら朝風呂開放終了10分前で、ぎょわあああああああああああ!ってなりながら入り、部屋に戻って化粧していたら、ドアをこんこんと。
「すいませーん、ルームアウトの時間なんですがー」と。

\(^Q^)/10時かと思ってたら9時だったヨー!

ということで、荷物をぐわーっとまとめ、とりあえず平安顔はらめえええええええとファンデーションと眉だけなんとかして降りる。
外ならいてもいいよーと言われたので、阿部先生が寝ぼけている前で顔面を完成させていくわたし。
その後、楽しくなってきて探検をはじめるわたし。
うん、あとで載せる写真はほぼここで撮りました。
なんかもーかわいいの。電話ボックスとかあったりして。かわいいの。
で、老後はこういうところに住みたいですぅとか言いながらチャー先生たちを待つ。

かなり待ったのち、合流。
そりゃああんな朝方まではしゃいでましたからねーと思いながら。

で、諏訪大社へ!
昨日見たからーってことでさくーっと見たんですが、神社とか大社とかお宮とかってなんであんなにイイんでしょうね。ウキウキしますよね。
神楽とかも好きです。あとおみくじ無駄に好きです。信じはしないが。

で、朝ごはんですねーってことで、おいしいお味噌汁のお店にいくことに。
……でしたよね?
途中御柱を再び見つつ、坂を見つつ、ここからとかマジねーよ!とか言いつつ。
あとあれですね、いい感じの川沿いにある、なんか……ガラパゴスとかにありそうな健康系大仏。
なんか儀式的なのがあってですね、呪文唱えてぐるぐる回って~という、何これ黒ミサ?みたいな。
わたしと大渡先生が切実すぎる中、阿部先生は健康の権化みたいな方なので、遊園地のパパ状態でによによ眺めていました。ちくしょー健康体め!元気玉で吸い取られろ!とは言いませんでしたよ、もちろん☆

で、味噌汁の店に話を戻そう。
そこに行くまでにわたしがえーぶいの話を振ったりしましたが、だって聞いてみたかったんだもん。
ふだんセクハラ親父としか接点がないので、わかいおにいさんたちに聞いてみたかったんですよ!社会勉強のために!(?)
別に好奇心とかそんなんじゃないです別に。
チャー先生たちにも聞こうと思ってたのにー。聞き損ねたー。
みそ汁はきのこのでした。おいしかったです。
長野はやっぱお味噌汁の味が違いますよね。東と西だからかなーとも思ってたんですが、うん、やっぱ違う。おいしいです。

で、その後松本城へ!
松江城登れなかったから登ろうぜえ!と意気込んでいたんですが、俺たちはGWをナメていた。
人が多すぎて、入場までに2時間ーとかいう鬼畜の所業。
わたしと阿部先生のバスの時間もあり、松本城へ登るのはあきらめ、最近復元された……何台?なんかわかんないけど太鼓台みたいなところに登って、こっから外敵を撃っていたのねウフフ、とか。
日本建築の美ってすごいよね。いいよね。洋風建築も好きだけど。

その後商店街を眺め、ヤベーこの町並みマジやべーとか思いつつ、かえるグッズかわええとか思いつつまたーりとしていたら 時 間 や ば い 。
渋滞しててマジこれ間に合わないねダメだねいや諦めたらそこで試合終了なんですと、UGさんのドライビングテクニックに命運を託し。
最終的にもういいよ諦めるよとわたしがなったところで、先行していたチャー先生たちが間に合ったと!
そして、わたしたちは無茶振りをします。


チャー先生!待っててくれるよう頼んでください!


いやね。わたしは翌日仕事でしたけど、最悪「渋滞で戻れないんで無理でーす☆」とかって言い訳できたんで、よかったんですが、阿部先生はご自宅までもう一本バスに乗らねばならないので。
遅れるわけにはいかないんですよ。諦めかけてましたけど。
そして本当にチャー先生たちが待っててくれるように頼んでくださって、電光石火のごとくお礼を言い、乗車。
がちで疲れました。
先生方、きちんとご挨拶できずすみませんでした。ありがとうございました。本当に楽しかったです。
次はしおりを準備の上、時間に余裕を持って行動しましょう……。 ←でないとマジでダメな人


しかし、帰りも渋滞。あべせんせーまじで間に合わなくね?となぜか焦りまくるわたし。
や、帰りのバスの予約、これでいいっすよね?って言ったのわたしだったんで……。これでダメだったらやばいだろおおおおお!と。
マジでてんぱりつつ、もう寝るとかもできず、早くしろよおおおおおおとただただ焦る。
結局出発時刻頃に到着し、バスターミナルにもうだめだと思うけどとりあえず……と向かうことに。
ここで嘘ナビを発動したらわたしまじで死ぬしかない、と必死になります。
なんとかきちんとご案内できて、案内役のお姉さんにダメ元で声をかけてみたところ

あ、まだそれ出発していないのでご案内できますよー


こ こ に も 女 神 が 。


その後、なんとか阿部先生もバスに乗れ、わたしも終電ギリだったんで挨拶もそこそこに家路に着くわけですが、地下鉄の駅の前で 「すいません、新宿駅ってドコですか?」 と、おにーさんに聞かれる。
しょうがないよ、新宿迷路だもん。
こっちもそんな余裕ねーんだよ!と思いつつも、あっちだってねーよなーと。説明して、ザッと案内図的なものを渡した後、キャリーを引っ張りながら全力ダッシュ。乾き死ぬ!とか思いながらダッシュしまくったら、なんとか終電に間に合った……!
疲れ果てて帰宅し、翌日から連勤っつーかノンストップ勤務だと聞かされて鬱になりながら、第一回目のブログを書いたと。そういうわけでした。
阿部先生、後半余裕がないかんじになってしまってすみませんでした。渋滞を考慮して、もうちょい余裕もっておくべきでしたね……。誰よりお疲れだったろうと思います。
そのうち連載記念でご馳走させてくださいねー!リアじゅう向けの店はわかんねーですが。

うん、なんか他の日に比べてざっくりしてね?ってのは、後半の疾走感が尋常じゃなかったからwwwwww


あ、そうそう。
最後にテストします。

Q.初日、バスに乗ったとき、わたしは誰に何をしたでしょーか!

はーいカンニングはダメよー。テストに出すって言ったでしょー。
うん、青年の座席をここじゃね?って言ったんですが。
あれ。


阿部先生でしたwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


あの日あの時、もしも善意を振りまいていなかったら……想像するとゾッとしますね。
よかった!外面が(それなりに)いい410さんで!猫被っててよかった!
何より、寝起きじゃなくてよかった……!

そして翌日くらいから、大渡先生が疲れからかへばっていたような気がします。
まぁわたしも結構でしたけどー☆ 仕事放り投げて帰りましたしー☆
いまさらですが、蓄積された旅の疲れもあると思うので、しかも季節の変わり目なので、皆様お体には気をつけてくださいね。

そんなこんなで、いまだに楽しかったなあと思い出す旅行は終わったわけです。
マジでまたやりましょうね。次は阿部先生が案内してくださるんでしたっけ?(^ω^)
あと、次回は是非!日野先生もご一緒してくださいなっ!
日野先生から盗める技術は盗んでやるぜぇ……!(盗んだところで使える技量がなかったら意味ないが!)



うん、トータルの感想としては。
わたしはやっぱり、ずーっと一人で模倣→執筆というパターンだったので、同じ作家さんと話をする機会がガチでないんですよね。
なので、受賞してからいろんな方と触れ合いつつ、ついったーしつつ、最終的に旅行まで出来て、なんかもーやっぱ小説ってすばらしくない?と。
同じ小説を書いているんですが、同じ会社でお仕事させていただいている以上、ライバルでもあるんですよね。
なので、皆さんに負けたくないので、もっとがんばろうと思いました。
あとは、同じ作家と名のつくものでも、考え方・やり方にはやっぱ俺ルールがあってですね。
そういうところとか、ここにこだわるからこういうものが……とか、本当に勉強になりましたね。
小説以外の分野でも、人それぞれの考え方に触れるのは、やっぱいいもんです。
わたしの世界はせまいなーと。ちっせぇなぁと。知らないことがいっぱいあるっていいことだなーとか。
結論。
これからも協力できるところは協力していきつつ、切磋琢磨しつつ、お互いがんばっていきましょうね!

そして読者さん。
スクエニで書いていらっしゃる先生方は、人間的にも魅力的な方ばかりです。
そんな先生方が書いていらっしゃるのだから、もちろん作品も魅力的なものばかりです。
あんな先生のこんな作品や、こんな先生のあんな作品など、ばりえーしょんも豊富ですし、まーここは考慮しなくていいと思うんですが、ウラではそれなりの努力とか、いいもん提供したいぜぇええええ!という熱意とかもあってですね。そりゃあいい作品が出来るはずだよーと納得した旅行でした。
これからもどんどこ努力とかそういうものを繰り返していくと思うので、気になったらお手にとって頂けると嬉しいです。
ということで。
ガンガンベルズ、これからもよろしくねっ☆ ついでにいい作品があったらどんどん布教してね


以上、ほぼ100%その情報いらなくね!?というアレでしたが、旅行の記録として残します。
最後にこれだけは言わせてくれ。








少年が隣を通っただけで犯罪者を見るようにわたしを見るのはやめてください。








確かに、かわいいなって思いますけど!うぉおおさらいてぇえええええと思いますけど!思ってるだけなんで!
別に犯罪者予備軍とかじゃねーですし!朱鴉先生もおっしゃっているように 母 性 愛 なんで!
いいじゃないか!他人の子どもはいくら愛でたって!自分の子どもならしからなきゃだけどさ!
他人の子どもならかわいがるだけでいいんだもーん!

同じすくえにの作家さんでお子さん出来た方、わたしからは遠ざけないでくださいね。絶対ですよ!絶対ですからね!!!!
メッチャかわいがりますからね!!!おねーさん怖い人じゃないよ!!!!

そんなわたしは娘が出来たら大渡先生とUGさんからは遠ざけますけどね!!!



よーし、んじゃまた後日写真載せるよー。

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TrackBack//URL
Copyright © よんいちぜろ. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。