• 08 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 10
よんいちぜろ
日々のこととか、自分勝手な呟きとかそんなん。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CATEGORY : にっき
陰陽師ならなら安部じゃなくて安倍だよねもうだめだ
DATE : 2011-05-15-Sun  Trackback 0  Comment 0
わーもうダメだラグナー。410です。
最近というか昨日からやたら出会い系的なDMが来て殺したくなるくらいウザいんですが、その中に陰陽師を自称する方がいらっしゃいまして、プギャーwwwです。
遠隔で占ってやんよ!とかほざいてますが、あははは。名前も顔も誕生日も知らずに遠隔で占えるとか、なにそれ神様?
そもそもお前は陰陽術というものをぜんぜんわかってねーな。
なぜ平安時代に陰陽師が重宝されたか、そもそも陰陽師というものがなぜ生まれたのかなど、歴史的背景について懇々と話してやりたくなってしまいます。もちろん、そこからの流れも含めてな!
どーでもいいけど、中2の頃、陰陽師を読んで 清明「博雅はよい男だ」 博雅「ばか……」 の部分で「こいつらデキてるッ……!」と思ったのはわたしだけじゃなかったみたいで安心しました。あの頃わたしはぶっちゃけ腐女子に片足つっこんでました。

ということで関係ない話はおいておいて、四日目いくよー!

朝方、眠そうな阿部先生と朱鴉先生に「後は任せた……!」と言い残し、母親をたたき起こして迎えにきてもらい、帰宅。
とりあえずシャワー浴びなきゃーと思ったら妹が入っておる。(うちの妹はわりと昼夜逆転です)
おねーちゃんは時間がないのよ!出て!いますぐ出て!とドアを叩いていたら、一緒に入ればいいじゃんーとのことで、え、何この少年漫画展開?
どーせ姉妹で入ってたら同居人(おそらくわたしと同い年)が入ってきてキャアアアアとかになるんだろーベタだなーとか思いながら入る。
まあ、妹とちょうど入れ違いになったんですけどねー。
ここ関係ないよね?という意見については、こう答えます。
サービスショットです☆
というか、妹とのふれあいがその程度しかなかったという悲しささっ……!前夜はわたしずっと見損ねてたドラマとフィギュア見てたし。
(世界はこれを愛と呼ぶんだぜ)

なんやかやでそっこーシャワー浴びて荷物まとめてかるーくメシ食って父方の実家に。
時間超おしててヤベーとかいいながら、顔を見る→仏壇を拝む→茶菓子をつまむ→土産をもらう→じゃ、また!の電光石火帰省。
時間過ぎる!やばい、置いていかれる!と焦りながらローソンでメガシャキを買い、合流。
すると。

うん、鍵開いてないよね。

そもそも誰か起きてる気配すらないよね。活動している気配がないよね。
ということでしばし考え、誰かに電話をしてみるか……?いや、むしろ強行突破……とか逡巡しておると、中で何か動いたような気がする!
ということでドアを叩いてみると寝起きの阿部先生でした。
ここで心の中で 「あ、やっぱり、メッチャ焦って来たのにこの人たちガチ寝てたんだ……」 と思いましたが、不思議とイラッとしなかったのは、まあ、予想してたからですね。
阿部先生と朱鴉先生については朝方まで付き合わせてしまいましたしねえ。
昨晩の様子から、予定通りにいくなんて思っていなかったですから。
むしろ片付けの時間が余ってラッキー とか。
ということで、みなさんが起きてきたので、シーツをひっぺがしていただいたり、本格的に片付けに入ったり。
途中シーツと布団を片付けようとしたら着替え中らしかった某先生と遭遇してしまい、本格的に痴女フラグが立ったりしましたが、「あ、すみません」と謝って移動したわたしです。
もはや悟りの境地です。

ていうかあの時実は思ってたんですけど、男性って支度早くていいですよね。服着替えて、まぁ髪セットしたり髭やったり~とかはあるみたいですけど、化粧というワンステップがないだけであんなに変わるものなのか……と。そりゃー世のカップル的な愚かなツガイの片割れが「まだかよぉ~」とか言い出すわけですよ。あと女は買い物が長いとかよく言いますけど、アニメイトに行ったオタク男性ほど長くはないと思います。っていうか本屋に行ったわたしほど長くはないと思います。でもスイーツ(笑)は世のため人のため絶滅してくださいてめーらうぜーんだよぴーぴーぴーぴー鳥か!
彼氏いないと寂しくて死んじゃうーとか言うならしね、いますぐしね、たのむからしんでくださいおねがいします。


おっと、毒吐きモードに入ってしまいました。職場のスイーツ()が非常にうざかったので、つい(モロ私情ですが、何か?)
ということで無事しゅっぱつ!
近くの道の駅がおみやげ豊富なんですよー。あとあそこのパン屋のパンが絶品なんで朝ごはんにしましょーよー。となり、まずパン屋へ。
パン屋混みすぎてわろた。
何人かの先生にこのパンがおすすめなんです!と言って、自分だけさっさと買い物をして外に出るわたくし。
人が多いのは嫌いです。
で、屋台みたいなのでてるから見に行きますかーって行ったら、からあげとか。なんかそんなん。
ただ気になった点が

何故からあげ屋なのにビラが萌え絵……?

始まりすぎだろ島根wwwwwwとか思っていたら、先生方が(主に二日酔いの方々が)しじみ汁に食いついている。
わたしは名産品のいちじくソフトクリームが食いたかったので中に行こうと思ったら、フリーダム阿部先生のお土産を選ぶことになり。
そばは絶対にこれですこれしか認めませんと無理を言い。
生臭いのが嫌いだとおっしゃる阿部先生にうに海苔うまいように海苔と無理を言い。
一仕事やり終えた(気分になった)後、念願のいちじくソフトクリーム。(´ω`)ウマー。
晴れてたら春先だったんで、もしかしたらイルカも見れたかもなんですけどねえ。残念である。
で、チャー先生に海鮮たこ焼きをおすすめしたら見事に釣れて、チャー先生・わたし・阿部先生の三人でものを食いつつ土産を購入する先生方をにやにや見つめ。気づきませんねー、とか言いながらも、決して迎えには行かない鬼畜さ。
人が多いのはry

なんやかやでさあ出雲を出るぞー!となり、しゅっぱつしんこーです。
そして運命の出会いです。


チャー先生に差し出された漫画……それは、初日の夕食時におすすめされた、合法ショタが出るというアレでした。
そう、みんな大好き新城直衛の登場だよー!
あれです、皇国の守護者です。軍人もの好きです。兵器には疎いですが。
んでもってわたしはロシア史が好き好き大好きなので、アレはどことなくロシアの風を感じてよかったです。
まぁ新城は合法ショタかといわれるとわたし的にはショタじゃねーよショタナメんなってアレでしたが、単純にかわいいです。ショタじゃないが。かわいいです。ショタじゃないが!
ただあれですね、戦記ものらしくばったばったと死んでいくので、うおおおイケメン!イケメンがあああああ!とか、まつげぇえええええええ!とか、心の中で叫びまくり、やや泣きそうになりながら読んでました。
一喜一憂が顔に出ていたら百面相だったと思いますが、バレていないと信じたい。
さーべるたいがーたんかわいいです。育てたい。
あと、知らず知らずのうちにKY発言をしていたらしいことが、原作の続きを読んで判明しましたがしーらないっ!
チャー先生、面白い本を教えてくださってありがとうございますです。

って書いてるんですが、実際には前日から読み始めてたかもわかんね。このへんあいまい。

で、移動なんですが、渋滞だよー!
あと某ヒゲの木箱にAVの方が亡くなったのはこの日で、わたしは実家でニュースで見てたのでらしいですよーって話したりしてましたね。
うん、あとは移動に一日中かかったね。渋滞すさまじかったからな。
宿に間に合うわけねーってなったりしたよね。
あとぶっちゃけ410さん体調悪くて機嫌悪かったよね。
あれです、本当、空気クラッシャーですみませんでした☆

で、深夜に諏訪到着。
どうせだからーってことで、夜の諏訪大社にとつげき。
夜の散歩大好きなわたし的にはもうぞくぞくするほど楽しかったですよ。なんか出そう。いそう。楽しい!
なんでしょう、深夜のあの、ひんやりした空気が好きです。

そしてわたしと阿部先生の泊まるホステル到着。管理人さんのメモが暖かすぎてまた泣きそうになったわたしはきっと疲れていたんです。
で、お喋り小屋的なものがあったので、そちらでみんなで一杯やろうぜぇとなり、荷物を置いて合流。
いきなり油瓶を倒したのは何を隠そう、わたしです。
おかしいな、なんか書いてるとわたし謝ることばっかりな気がしてきたぞ。

で、まあ色々話をしつつ、チャー先生の新作について話をしたりしているうちにチャー先生がショタにひどいことをした話になり、ここで運命の出会いその2。


フィッシャーまじ天使


チャー先生の「ですろり」をプレイさせて頂いたんですね!
ただ時間がなかったので、秘技!速読!てな具合になってしまったので、あのあたりは真面目にプレイさせていただきますがショタばっかりじゃねーかマジおいしい。
フィッシャーくんはあんなことをされてしまいましたが、おねーさんは切なくて可哀相でわたしならあんないじめ方はしないのにっ……!もっと真綿で首を絞めるようにゆるゆるとちょうk……じゅうz……いじめていくのにっ!とか思ってました。
あとはそうですね、大渡先生と肉体的苦痛か精神的苦痛かの話でやたらと激論になったりしましたね。
いたいのいやだもーん。

そして皆さんが眠たい中、わたしのですろり待ちという鬼畜行為。
わたしがやっとフィッシャーいぢめ一部始終を読み終わるころには、皆さんが屍になりかけていました。

ということで四日目は朝日と一緒に終わったのでした……。






彼氏いない女に対してスイーツ共が向ける視線はなんなんだろう、あれで人が殺せる気がする。

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TrackBack//URL
Copyright © よんいちぜろ. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。