• 07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 09
よんいちぜろ
日々のこととか、自分勝手な呟きとかそんなん。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CATEGORY : にっき
作家の旅~そして伝説へ~ 俺たちの一日目は終わらねぇ!
DATE : 2011-05-06-Fri  Trackback 0  Comment 0
胸白いねうへへって言われたけど、常識的に考えて日常的に露出していない胸が日焼けするわけがないわけであってそりゃ白いだろーよ。と思いながらあのゲスを殺す100の方法を考えていました、410です。
なんだこの鬱になりそうなあいさつwwwww
まあおとこのひとというものはね、おっぱいがすきなんですよ。だからね、わたしはやさしく包み込んであげるんです。ビニール袋で、頭を。
しかし、ついったー見てるとわたし完全に情緒不安定ですよね。安心してください、不安定なのは情緒じゃなくて存在です。
ほらぁ、わたしってぇ、存在感ない人じゃないですかぁ~。だからぁ、なんかぁ、おちつかないっていうかぁ~。
まぁそういうわけで不快だったのと体調キチィので帰宅ったわけなので、旅行記書くよ!

さて、ここまでで一応登場人物が全員出てきたので、わたし的第一印象についてまとめておきましょう。
会った順。

チャー先生→筋肉、そして人が良さそう。
阿部先生→りあじゅう。こわい。
UGさん→チャー先生以上に人が良さそう。女の人にだまされそう。
大渡先生→黒い。ヘビー。
朱鴉先生→足湯。タオル。

(^ω^)あたってたりあたってなかったり

ということで、お味噌料理の店に着いたら、店の前になにやら明らかに浮いている二人が!
一人は足湯につかっており、もう一人はなんかかっこよく構えていた気がする(うろおぼえ)
そうです、朱鴉先生はさながらサナトリウムに来た文学的病人(たぶん結核とか)風に足湯につかっていらっしゃいました。
ただのちのちタオルを首からかけているのを見て、サナトリウムryは勘違いだったなと!!!!
で、まあ、チャー先生に関しては出会ったときボケる間もなく、阿部先生に関してはATフィールド張っていたので、ここは小気味よく突っ込んでくださりそうな大渡先生あたりで自己紹介でボケようぜ!と思っていたのに、うふふ。ダメなわたしを笑えばいいさ!
自己紹介でボケるってハードルたかくね?

そんなこんなで食事に入ります。
と言ってもバス酔いのせいで食う気がしねー。ついでに食っても吐きそう。そしてうまそう。ぐぬぬ。
一番ライトそうな焼きおにぎりを頼み、あとはみんなであんきもつつきますかーってな話になったところで、次々とわかってくるみなさんの食事に関するNG設定。
とりあえず阿部先生は生くさいのが苦手と。内心「あーいるいる、こういう女いるいる」と思ったのはないしょだ。

ぜんぜん関係ない話なんですが、阿部先生・大渡先生は女装似合いそうですよね。
チャー先生もおひげがなければ普通に似合うと思いました。
そうですね、シンデレラで配役するなら阿部先生がシンデレラで大渡先生・チャー先生がいじわるな姉で朱鴉先生が継母で王子はUGさん的な?大渡先生がシンデレラでもいいと思うんですが、たぶんその場合いじわるな姉は死を覚悟どころか死ぬことさえできなさそうですからね。何よりリア充ポジションは阿部先生のものですからね。
わたし?
わたしはそりゃあ、魔女ですよ。女装させる魔女ですよ。12時までに帰ってこなかったらそのままだからwwwwwwwwwプギャーwwwwwwwwですよ。


\(^Q^)/逃げてみんな逃げてー!


話を戻すぞ。
んでもって大渡先生はそばアレルギーとな。
出雲そばの店に連れて行くつもり満々だっただけに、ぐぬぬってなりました。しかしアレルギーはどうしようもねえ。
あとは、けっこう辛いのダメ系な方が多かった気がしますね。デスソースとか食べさせてみたいなぁと思いながらおにぎりを食べ……ていたら、1/2個食べた時点で満腹に。
普段なら何がなんでも詰め込んで後でおぼろろろろろコースなんですが、楽しい旅行でそれはどうなの?と。
極力吐いたりせずに楽しく過ごしたいなあと思っていたので、旅行中通して吐かないために残さざるを得なかったり食べないことを選択したりしていたのですよ。
第二回までにはせめて一日二食くらいまともに食えるようにしておきます……。
結局、いろんな方が食べてくださりました。ありがとうございました……。
しかしおいしかったのである。

で、まあなんかこう、色々とお話をしながら食事を終え、まずは御柱みにいこーぜ!と。
おんばしら。あれですね、東方のガンキャノ子こと神奈子で有名なアレですね。
実際見てみました。

でけーよwwwwwwwww

なんでもあの御柱を坂の上から人間乗ったまま突き落とす祭りがあるそうで。(間違ってはないよ!)
死人が出たりもする、昔はショタ☆を人柱ァにするためのものだったそうで、想像すると切なくて可哀相ではぁはぁしますね!!!しょたぁあああああああああああああああ!俺だ!結婚してくれ!
で、坂の上に。
階段を登っている時点で息切れしそうなわたしに、いろんな方が声をかけてくだすったわけですが。
…………ごめんなさい、ちょっと意地張りました。
息 切 れ し ま し た ! ! ! !
ちくしょーこれでいいんだろこれで!
410さんの迷惑かけてやるぜ作戦は着々と進行していたわけです。

で、なんか……丘の上に上って、もう一本の柱を見ていたところ、少し降りたところに物見台?櫓?的なところを見つけて、意気揚々と見に行くチャー先生・阿部先生・朱鴉先生。
はい、このパターン覚えておいてください。試験に出しますよー。
で、わたしは荷物あったしどうせいったって登れねーよへっちびで悪かったな的なかんじでまるで授業参観を見守る母のように3人のピーターパンを眺めていました。大渡先生とともに。元気ですねーとかいいながら。
ここでチャー先生のマッチョさが証明されました。
なんであんなにやすやすと登れるんだ……おかしい。
あと阿部先生にヤンチャ系という新しい属性がぴろりんとついたかんじでしたね。その後、阿部先生はヤンチャ系→ジェントル系→おとん系とジャンルを転々とすることになります。
お二人ともあと15歳年齢が若ければいいショタだったと思います……。くちおしい。
朱鴉先生は登れずにくやしそうにしていらっしゃったのがなんかかわいかったですね。
一方その頃UGさんは車を取りに行かされていたのであった……。UGさんには感謝してもしきれない気がします。

で、諏訪神社へ!なんかいっぱいあってどれがどれだかよくわかんないんですが、とにかくすわこ!すわこすわこ!と思いながら出向いた先で、カメラを持ってこなかったことを激しく後悔しました。
いい感じでしたねえ、あそこ。あのあたりうろうろしてたいですね。
参拝後、なんか感じのいい喫茶店へ。
まず、店の外に出てるメニューの黒板みたいなのがおかしい。
「ゆっくりしていってね!」って書いてある。
扉を開いたらゆっくりがいたらどうしたら……と思っていたら、案外ふつーの、なんだか長野っぽい喫茶店でした、が、

リヴァイアサン置いてある!

そしてるるぶ的なものなのに内容同人誌な本とか。諏訪について東方で説明しているかんじの。あれガチでほしいんですけど^^
このあたりで何を会話してたかとか、あんまし覚えてないんですよねー。
というか、一日目はガチで記憶が曖昧。言っておくが、わたしは壮絶に緊張していた。

で、もう一箇所諏訪大社?諏訪神社?的なところにまわり、イタ絵馬を見てすげええええええ!ってなりますた。
あれはすごい。絵がうまい人は是非描くべきだ。そうだ。


その後、わたしと阿部先生の泊まる……何、えーと……ホステル?に荷物を置きにいき。
まさかの阿部先生との同室フラグが立ち。
何その恋愛シュミレーションゲーry
まあわたしは、正直寝たら起きられない自信があって徹夜でゲームするつもりだったので、同室でもかまいませんよーと発言したところ、周囲にドン引きされ。
あ、そうか、わたし女だった☆てへぺろ 状態。

普段から思っていましたが、わたしは自分の性別にこだわりがなさすぎですね。だから色々と面倒ごとが起こるのかもしれぬ。ついでに、だから自分を女としてしか見ないやつが心底嫌いなのかもしれぬ。
旅行中いろんな話をして、なんかアレですね、自己理解的なものが深まったような気がしないでもないでもないでもスナイデル。

で、その後温泉→チャー先生おすすめバーのコース。
温泉はいい湯でしたが、大衆浴場苦手なのでさーっと上がり、バーでは飲んでいる薬の影響で酒が飲めず、食事もそこそこに……という最悪の客でした。
しかしおいしかった。空腹時に行きたい。
チャー先生たちが飲んでいたサブマリンってすごいおもしろいカクテルだった。
カクテルはもっと勉強したいなあ。

そういう感じで結構遅くにホステルに戻り、部屋に行き、ゲームしてたんですが寝たほうがいいのかなあとなり、寝る。
一日目はこんな感じでした。
あそこはすごくいい感じの宿だったので、もっと長時間いて色々してみたいですねー。


一日目はとにかくわたしは緊張+体調が芳しくなかったため、本調子ではなかったというかなんというか言い訳をしてみるテスト。あと記憶が曖昧。ついでに結構猫を被っていたことは、5日間過ごした皆様ならわかってくださると思います☆
さすがに初日からえーぶいの話とか振らないですよわたしは。そこまでアレじゃないですよ。
とりあえず、みなさんが親切だったことは覚えているので、翌日からはもっと仲良くなれるように頑張るのよわたし!と。おもいました。
思っただけで何を実行したわけでもないんですが。

とりあえず、そうですね。この旅行中、一番年寄りくさかったのはわたしなのではないかと思ってしまうほどでしたね!
実際には最年少だったわけですが。運動不足ってこわいね!

よし、じゃあ二日目についてはまた明日書こうかな!

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TrackBack//URL
Copyright © よんいちぜろ. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。