• 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11
よんいちぜろ
日々のこととか、自分勝手な呟きとかそんなん。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CATEGORY : にっき
作家の旅~そして伝説へ~ プロローグ
DATE : 2011-05-05-Thu  Trackback 0  Comment 0
帰った瞬間「おいちょっと待て……!おかしい!おかしいぞッ!出迎えてくれるはずのショタがいないッッッ!」と思い本気で狼狽した410です。
おかしいよね、いてくれるはずなのにね。恥ずかしくて隠れてるのかな?

あと、帰宅途中、電車内でうとうとしながらTL追ってたら色々面白すぎて完全に不審者でしたが誰が責任取ってくれるのかな?かな?

そういうわけで旅行について日ごとに書いてみます。ただし、わたしの主観が入っていること+大人の事情っていうのはね、いつだってつきまとうものなんだよ、ということは念頭に置いて、常識は捨ててお読みくださいね☆
そして、激しくキャラが崩壊する可能性がありますが、責任はすべてわたし以外の誰かにあります。
そうですね、たぶんアレですね、神様とか……神様とか、神様とかですね!!!うらむならわたしをこんな風に作ったGODを恨みな!
が、その前にわかりやすくドラクエ風に例えつつ登場人物を紹介していきましょう。

チャー先生→しょくぎょう:せんし せいかく:てんぱる
とりあえず見た目はマッチョでメッチャ戦いそうなんですが、よくお会いするという朱鴉先生や大渡先生のお話を伺ったりしていると、意外にヘタレ要素もあるらしいと判明。
そしてなんかインテリジェンスで、しかもお料理が得意という、何それ、女性向け恋愛シュミレーションゲームのキャラ?という萌えられそうな要素を兼ね備えているという猛者。あとピーターパン並に好奇心旺盛で気づいたら崖を上ってました。メッチャ酒を飲みます。シュゴー。

大渡鴉先生→しょくぎょう:まほうつかい せいかく:きちく
見た目は黒の組織ですよ!と聞いていたので、さぞかし黒いんだろうなあとほわほわ思っていたらマジで黒かった。5日間1日も欠かさず黒かった。そして大渡先生はツイッターとほぼ性格同じでしたwww
嬉々としてエログロロリペド会話をされているのを (´ω`)。oO○(ロリペドをショタに、エログロを精神的苦痛に置き換えたらイケるな) と思いながら聞いていました。明日から寝込まないかガチで心配です。
女装させ損なったのがくやしいのうくやしいのう……。

朱鴉更紗先生→しょくぎょう:しじん せいかく:おとな
見た目がインテリジェンスで一番文学っぽい作家っぽいんですが、奥深くにリア充要素を隠し持った油断ならない方です。あと結構嗜好がディープでした。一番ツイッターとのギャップが大きかったかもですね!
そして、チャー先生好奇心旺盛すぎwwwとか一緒に言ってましたが、人のこと言えないですからね。行動パターンチャー先生と似たり寄ったりでしたからね。
色々とためになるお話が聞けて非常に勉強になりました。

阿部憂貴先生→しょくぎょう:けんじゃ せいかく:りあじゅう
年齢が近いだろうこと、そしてツイッターで性格があんまりわからなかったのでわたしは人見知りATフィールド全開で接してやろうと心に決めていましたが、作品からもわかるような爽やか好青年だったと言っておきましょう。
なんやかやで年齢が近かったので一番話しかけて相手をして頂きましたが、とりあえず会話に困ったらリア充が!って言っておけば成立しました。ロリとあんな過去があったせいで大渡先生に呪われないか心配です、と爆弾を仕掛けておこう。あと字間違えててマジすんませんでした。

UGさん→しょくぎょう:そうりょ せいかく:おんわ
まったく接点のないままお世話になりまくってしまいましたが本当にお疲れ様でした。たぶん一番働いてましたからね、そうりょなのに自分にはホイミかけてなかったですからね。
とにかく温和な方で、そしてチャー先生とツーカーでした。兄弟っぽい感じさえしました。チャー先生が行くぜ!って言ったら朱鴉先生じゃないですけど、オーストラリアとか南極とかアラスカとかアラバマとか秋葉原とか行っちゃいそうです。
守備範囲広すぎて尊敬するしかないっすwwwwwwでも0歳児はわたしも愛せるかもしれない。とはいえなかった。

新城直衛→しょくぎょう:ぐんじん せいかく:にめんせい
チャー先生おすすめ作品の主人公。合法ショタと言われて食いついて読んでみたものの、ショタではないな!と思ったけれども続きが気になって仕方ないので原作を集めようとおもいました まる。
実は読みながら泣きそうになっていたのはないしょだ。

フィッシャー→しょくぎょう:しょた せいかく:しょた
チャー先生の作品「ですろり」に出てくるショタ。ひどいことをされてかわいそうと思いつつもえもえしている自分に自己嫌悪をしたりもしましたがかわいいので何でもいいかなって☆
とりあえず●REC


登場人物紹介は以上です。
そしてここで問題です。
ね む い。

ということで続きは書けるかどうかわかんないですががんばりまっす。つっても一日目は大して面白いことないんですけどねー。

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TrackBack//URL
Copyright © よんいちぜろ. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。