• 03 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 05
よんいちぜろ
日々のこととか、自分勝手な呟きとかそんなん。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CATEGORY : しょうせつ
ヤンデレで眼鏡な妹がお兄ちゃんを安心させるために語りかけてくるよ!
DATE : 2011-03-12-Sat  Trackback 0  Comment 0
お兄ちゃん、色々あって大変だったよね。不安だったよね。
でもね、わたし、お兄ちゃんは絶対大丈夫だって信じてたよ。
だってね、だってね、お兄ちゃんが死ぬ時にはぜったい、ぜったいわたしと一緒にいるはずだから!
ううん、他の誰にも、お兄ちゃんの命なんて奪わせないよ!
神様にだって渡さない!
だって、お兄ちゃんを殺すのは、他の誰でもないわたしのはずだから!

……ごめんね、お兄ちゃん、疲れてるのに、こんな話して。
え?
なんで眼鏡を外してるのかって?
ああ、これはね、お兄ちゃん以外のものをはっきり見たくなかったから。
わたしの目はね、お兄ちゃんを見るためだけにあるんだよ。
わたしの目がわるいのは、きっと、お兄ちゃん以外のものなんて見なくていいって神様が言ってたからなんだよ。
だからね、お兄ちゃんがいなくなったらこの目をえぐらなきゃってずっと思ってて。
お兄ちゃんがいない世界なんて、わたしには見えなくていいの。
そうだよね、お兄ちゃんが無事に帰ってきてくれたんだから、もう眼鏡もかけていいんだ。
ああ、お兄ちゃんがいる世界って、本当にすてき!

……お兄ちゃん、だーいすき。
お兄ちゃんが死ぬまで、ずっと、ずっと、ずーっと、わたしだけはお兄ちゃんの味方だからね。
ううん、わたしだけが!お兄ちゃんの味方だからね。
他の誰かのためになんか、お兄ちゃんは生きちゃだめだからね。
じゃないと……昆布で巻いちゃうからね?







「という夢を見たんだ」
「はいはい乙乙。昆布乙」

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TrackBack//URL
Copyright © よんいちぜろ. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。