• 07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 09
よんいちぜろ
日々のこととか、自分勝手な呟きとかそんなん。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CATEGORY : にっき
第二回短編小説カーニバル そのいち。
DATE : 2010-07-29-Thu  Trackback 0  Comment 0
さてさて、ガンガンオンライン第二回短編小説カーニバル!
前回もすっごく楽しかったので、もう今日が待ち遠しくて仕方なかった410です。
小分けにして感想あげていくよ!一回消えてちょっと心折れそうだよ!最近パソコン強制終了かかりすぎ。まじで叩き割りたいわぁ、コイツ……。
えーと、わたし的に楽しんだ感想なので、気になる言い方があったらごめんなさい。思ったことをつらつらーっと書いているだけなので、気に障ったら本当にごめんなさい。知り合い補正はないつもり、です。
あと、ネタバレ……あると思います。
まだ読んでない人はガンガンオンラインへGO!



【No.1 朝起きたら私の左手がエッチな漫画を描いていた件】 〔櫻龍先生〕

珠恵ちゃん実際はめっちゃ勇者だってwwwwwwwww

作品傾向としては【現代・ボーイミーツガール・軽め】
厳密にはガールミーツボーイですけどね。
でもまずその出会い方が強烈なわけですよ。ここでぐぐっといきますね。
最初はタイトルからエロを想像していたのですが、そしてわたしはエロが苦手なのですが、いやあ。そう思っていただけにピュアでした。
でも絵面想像したら負けだ。いや、むしろ勝ちか?
うん、なんか、あっさりさっぱりした味付けでおいしくいただけちゃいますね。本当にさっぱりしてます。青太さんがさっぱりしてたからかな?
文章もかなりライトなカンジなので、ほんと、さらっと。さながら夏場のソーダアイスのように!
わたしはこういうライトーなのがなかなか書けないので、勉強になります。弾けて混ざります。
なんかその、日野先生の「君の声、僕の物語」の時も思ったんですが、創作してて壁にぶつかって……っていうのは、なんか他人事でなくて。うんうん!ってなってしまいます。
なんだろ……読み終わった後にほわんってなる、っていうか。二人ともすごーく純粋ですよね。なんかものすごく応援したくなってしまうんだ。二人の未来に幸あれ!
個人的には、二人がもっと仲良くなるとこまで見てみたい。あと、珠恵ちゃんが原作を書くにあたりアレコレ模索していくとことか。
青太側の心境の変化とかも気になりますよね。
最初っから最後までいい人だったけど、内心どうだったんだろーとか。
いやしかし珠恵ちゃんまじ勇者だってwwwww



【No.2 俺とお嬢様のショートコント】 〔遭川遭先生〕

お前ら二人でM-1目指せよ。素で。

作品傾向としては【現代・ボーイミーツガール・文章重め・展開軽め】
なんか重い軽いで表記するとあれなんですけど。
展開としてはたぶん王道なんだと思いますが、二人でやっていくことがコント!っていうね。お嬢様で不良でコントですよ。どこまでもカオス。すみません遭川先生褒めてるんです。
導入部は「あれ?そんなカンジで入るのかー」と思っちゃったんですが、いやいや。遭川先生らしさが爆発してます。面白いです。序盤は本当にコント見てるみたいなノリです。雷門かっ!
文章はすごくしっかりしていて、わりと重め、かな?うん、遭川先生の持ち味が生かされてるんですよね。いや、前作しか読んでないんで持ち味wプギャーってなるかもしれないんですが。
テンポよく展開される掛け合いとか、全体的な流れとかが軽くて、その対比というかなんというかが面白いです。掛け合いも遭川先生の持ち味です……よね?
遭川先生みたいな掛け合いとか文章とかもあこがれます。本当に勉強になります。
もうあれだよね、二人の日常的なやりとりを帆影とかが●RECしてればいいんじゃないかな。立派なコントDVDが出来上がるから。んでもって尾上がそれを売るんだよね。むしろ俺が撮る!カメラ貸せ!
そうですね。とりあえず、スイーツのシーンはご馳走様です。不良うまいです。
二人でどういうコントをしたのかとか、気になりますよね。
やっぱり短編にまとめようと思うと書き足りないところとかあるんでしょうか。もっと書きたかったんだろうなあと思うところが多々。
遭川先生は本当に小説を書くのがお好きですよね。それが伝わってきました。



【No.3 ぎよタン~恋せよギロチン乙女~】 〔大渡鴉先生〕

Nice boat. いいえ、純愛です。

作品傾向としては【現代・ファンタジーっぽい・シリアスっぽい・ヤンデレ・純愛・ちょいハード】
ここまで読んでおわかりかと思いますが、作品傾向は思いついたままに適当に書いているので統一感とかないです。参考にもならないかも。
わたしこういうのすごーく好きです。
もうネジが一本も二本も飛んでるっていうか、ネジ?なにそれ、おいしいの?くらいのヤンデレです。
んで、それにふさわしいブッ飛んだ世界観なんですけど、主人公の思考がすっごい普通なんですよね。もう本当に。だから、不思議と「あー、あるある」「ああー、そうなるそうなる」みたいなカンジでさらっと入れます。非日常的と日常的がいい感じにミックスされてます。
わりとシリアスっぽくて、たまに怖いんですが、そこは普通の少年の一人称で、途中途中緩ませてくれますし。
よりにもよってBGMがSweets Time Midnightだったので、いい感じに怖かったです。iPodの悪意感じたわ。
ツンデレよりヤンデレ派なわたしにはおいしい作品でございました。最後のほうとかちょっと……なんか、かわいすぎて泣きそうになった。殺子たんかわいいよ殺子たん。
なんかあれよね、イッコーくんもすごいいい子、ですよね。そこでそこまで考えちゃうんだ、っていう。好感持てるし、親近感も沸くし。
文章も、無駄を省いて、省いたことさえ作品の一部にしてしまうっていう。
短編としてキレイにまとまってた印象です。いや、何様ってかんじなんですが。ごめんなさい。
なんというか、過不足ないというか。でも長編になったらそれはそれでまた膨らむんだろうなとか。
殺子たんがどうしてアイドル死刑執行人になったのかとかも気になりますよね。



【No.4 銀の人形姫と犯罪王の弟-推理パズル創作学園-】 〔朱鴉更紗先生〕

最初兄ちゃんドMなのかと思った。

作品傾向としては【現代・ファンタジー・ミステリー・少々ダーク風味】
ここまでメインが恋愛だったので、ここでミステリーメインはよいですな。
ちょっと複雑なファンタジー的世界観です。
でもなんだろ、倫敦バスとか、アンティークの時計とか、ロリータ人形とか、風景?が想像しやすいアイテムがちらちら出てきて、こういう感じかなってのはつかみやすいです。
いろんな個性的な設定がこれでもかーってほど詰め込んでありますです。それをまとめながら、誰が犯人なのかな、ここからどうなるのかな、とか想像しながら読むと楽しいかと思います。
個人的にはもっと凝ったトリックでもばっちこーい。序盤で出てきたアレが使われたりするのかと思って身構えちゃったぜ。ちょっとダークめの設定?かな?と思うので、もっと面倒なトリックだとより生きたかなーって。
設定はとても好きです。現代と西洋風のミックスはよいですね。特殊な学園モノも好き。
推理ものって難しいですよねぇ……。挑戦して、さらに推理が生きるこの世界観を作り上げるってすごいです。
ん……待てよ、これってもしかして推理ものというより、推理要素を取り込んだファンタジー小説ととったほうがいいのかな?そうだとしたら、トリックはわかりやすい方がよいのでこれがベストなのかも。
文章はあっさりめで読みやすいです。推理ものでさくさく読めるのはよいよね。推理+がちがち文章だと途中で投げ捨てたくなるもん。
とりあえずマジ兄ちゃんドMなんかと……仮面かぶってるうちに目覚めちゃったのかなと……思ってしまってごめんなさい……。
あとどうでもいいんだけど、トリートVSトリックなのか、トリックVSトリートなのか気になった。トリートorトリック、が基本なのかな?


つづきます。

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TrackBack//URL
Copyright © よんいちぜろ. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。