よんいちぜろ
日々のこととか、自分勝手な呟きとかそんなん。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CATEGORY : にっき
作ry 魚介のことなら、僕に任せてほしいな☆(CV.いそたろす)
DATE : 2011-05-09-Mon  Trackback 0  Comment 0
わたしのかめんらいだーの知識なんかほんの一握りのでんおーだけですよ。410です。
ということで続けて三日目参ります。
このあたりからやたら饒舌になるかと思いますが、なぜならおきている時間が長かった+わたしの大好きな地元だからSA☆
まじで地元好きですからね。ぜんぜん案内したりないですからね。
もっとでぃーぷなところとか連れて行きたかったですよ。ですよですよ。
ぐぬぬ……

ということで!
わたしだけ現地集合だったので、とりあえず起きる→バスで出雲大社へ。
なつかしい実家そばのバス停からバスに乗り、めったに見ない正門を見て、駐車場のほうへ。
到着を待ちつつ、とりあえず正門から行くべきなのか?とか(わたしはいつも便利な駐車場からの最短ルートで参拝してたんで……)今は平成の大遷宮だから見た目がアレなのは断っておかなければ、とか、案内っつっても見て回ったら終わるしなあ、とか、いろいろかんがえておったわけです。
そりゃもう、大好きな地元ですよ?楽しんでほしいじゃないですか!
結論、まあなんとかなるか☆で終わったわけですが。

ただ、GWだからか正門のほうに屋台が出ておったので、いかやき!いかやき食べたいなあ!とか。
島根のいかはやわらかいんだぜえ。日本海側だからかなあ?

で、合流。
ぞろぞろと共通点なさそうな男性陣がこちらに向かってくると、ちょっとびびりますね。
で、参拝。
わたしは慣れているので何がどうとはないんですが、GWなのでまあ、いつもよりは人は多かったかもしれない?
でも三が日ほどではなかったです。
ただ、ほかの方々はけっこう楽しんで下さっていたようなのでよかったです。
地元民ならスルーする銅像の説明とかも、聞いてくださいましたしー。
普段はもう少し荘厳というかなんというかなので、大遷宮が終わったらまた案内させていただけるとうれしいです。
いやむしろここは、よろこびますを使うべきですね!
特に大渡先生、朱鴉先生は出雲に来てみたかった!と言っていらっしゃっただけあって、かなり楽しんでいらっしゃったような?

ちなみに、の話をすると。
出雲大社って、お参りするとき、ほかのところと違うんですよね。
普通って二礼・二拍手・一礼だと思うんですが、出雲大社って二礼・四拍手・一礼なんですよ。
で、これは何でなんですかねー?って話してたんで、気になって調べてみました。
えーと、はっきりしたことはわからなかったんですが、たぶんこれかなーと思ったのはですね。
出雲大社に祀られているのはみなさまご存知大国主命なのですが、彼はまぁ、あららーっていう最期を遂げてるわけですよね。
なので、貴方は死んでるんで祟らないで!っていう意味みたい、です?
あと、注連縄が逆ってのも朱鴉先生が仰ってたんですが、それも同じ理由みたいでした。
卑弥呼を祀ってる宇佐神社もそうらしいので、いつか行ってみたいですね。

あと、これもわたしは常識だと思っていたのですが、おみくじを引いたあと、どうします?
わたしは子供の頃から、いい結果なら「待つ」で松に、悪い結果なら「過ぎる」で杉に結ぶものだと教えられてきたのですが、常識じゃなかったらしい(´ω`)
いい結果で持っていたいなら持っててもいいらしいですけどね。

そんなこんなを交えながら参拝!
あっちこっち見て回れるのは観光客の特権ですじゃよー。
本当は、後ろに大国主命のいらっしゃるご本殿があって、そりゃあもう荘厳な佇まいなんですけどねえ……うむむ。

で、正門前でいか焼き!
ぷにぷに!ふわふわ!おいしい!
いか焼きはこうでないとー!と思いながら地元の味を満喫しました。
三が日もいつも屋台が出ているので、毎年初詣の後に食べるんですよねえ!
おいしかったー。

で、昼食を食べよう!となるも、入った店がいっぱいで……
みなさんの意見としては海鮮だ!海鮮が食べたい!とのことでしたので、それならいっそ日御碕灯台まで行くとおいしい海鮮料理の店があるんですよーと。
いうことで移動するわけですが。
この後あんなことになろうとは、誰も思っていなかったのであった……。


ということで日御碕灯台へ!
ただ道中知ったんですが、高いところ得意じゃない方ばかりでわろたwwwwwwwwww
そりゃわたしも自発的にじぇっとこーすたー乗ったりとかはしないですがw
チャー先生はふじょしに受けだととられる可能性が高いですよ。ギャップありすぎて。きをつけて!
で、まあ、近隣を散歩しつつ灯台を目指す……んですが。

チャー先生、高いところこわいとか言ってたくせに冒険しすぎですよ……

ピーターパンはどうやら伝染してしまうらしく、チャー先生→阿部先生→朱鴉先生の順にそりゃあもうグイグイ行きまくる。
わたし・大渡先生の病弱ズとUGさんはおいてけぼりですよ。
でもわたしはあの日はわりと体調よかったもん!いけないのはこの低身長(学生時代腹筋しすぎたからだもん!)と履きやすさだけで選んだローファーですよ!
スニーカーにしてくればよかったのか!なのか!ぐぬぬ……
いける!きっといける!と一歩踏み出してみたらどじっ子発動(もう認めた)でこけましたしね!膝がいまだに痛いですよ!ぐぬぬ……

まあそのときの冒険はあまりフィーバーはせず(それでもついていった大渡先生が落ちそうでこわかったですが)灯台へ!


わたしは地獄を見た。

徒歩でね、わりと急な階段を登るということはね、なかなかきついですよ。
ましてや天井が低いんで、なかなか……なかなか!
でもだからこそ、てっぺん行って見たはてしなーい水平線はなかなか!でしたよ。
わたしは高いところわりと好きなので、潮風きもちーぜーとか思ってました。
自然の風景はすきです。
でもさすがに中国韓国は見えませんてw

あれですね、話してたんですが、灯台守の話とか書きたいですねー。
そのために無駄に灯台に取材に行ったりとかしたい。
あと、せっかく出雲に生まれたのなら、出雲を舞台にした話も書きたいですしねえ。
うん、旅行全体を通して思ったのは、やっぱり刺激が多いですね。書きたくなりますし、もっとがんばらなきゃ!と思いますし。
得るものが多すぎて困りましたねー(CV.めがねの人)

で、降りた頃にはわりとみんなへとへとw
座り込んだりしてたんですが、阿部先生とわたしが道中小道を見つけてまして、あっち行きたくないですか?と。
行ったわけですよ。

チャー先生、阿部先生、朱鴉先生が探検するわけですよ。

下、海がメッチャ青くてきれいですー!とか言われたら見たいじゃないですか!
がんばって降りるじゃないですか!
すきまこわいじゃないですか!www
ジャンプしたらすぐですよ!といわれるも、足場わるいし、ローファー(しかもかかと高い)だし、死んだらどうする!状態で、ぐぬぬぬとなっていたら、ジェントル阿部先生がよさげなところを教えてくださったり、手を貸してくださったりしました。
なんですかリア充でジェントルって。それで今まで何人の女の子を泣かせてきたんですか。こわいこわいこわい、阿部先生こわい!
そしてチャー先生遠いwwwwwwwwwwww
なんか登山家みたいになってるwwwwwwwwwwwwwwwwwww

なんやかやで青くてきれいな部分を見られたときはまじで感動して、すげーすげーしかいえてなかったですね!
語彙が貧弱って作家として死亡フラグですよね!
でもだからと言ってあそこでキョン化するのもどうなの?無理じゃね?
すごい青かったんだよー。
魚もいて、かわいかった!
そして戻ろうか、というところで、わたくしやっちゃったんだぜ……。


岩と岩のすきまにケータイ落としちゃったんだぜ……


一瞬何が起きたのかわからなくて、え?ってなって、その後猛烈に死にたくなって、もう謝るしかねーな!と。
こういうときケータイレスキュー的なの呼べたらいいのになー、あ、でもケータイ落ちてるから呼べないじゃん☆とか、もうあれは完全に 現 実 逃 避 だ よ ね !
もう……なんか、本当に申し訳なくて……
とろうとしてくださる大渡先生にも申し訳ないし、上でおろおろ(?)しておられたチャー先生とかにも申し訳ないしで、死にたいってああいう心境だな!と!
結局ここでも阿部先生のジェントルが発動して無事ケータイは救われたわけですが、もうなんかああああああ。

本当に、本当に申し訳ありませんっしたぁああああああああああああああ!


あれですよ、灯台の上にいた時に、あーここからケータイ落としそうこわいとか思ってたんですよ。
まさか岩場で落とすとはおもわねーぜ……
上まで上がるにもかなり助けて頂きましたしね、なんかもうね。あれですね。


orz ←これですね。


そのときわたしは思った。
お世話になってご迷惑をかけた分、どこかで挽回せねばならん!と。
それはもう、 文句のつけようのないボケをかまそうと!!!!!

……方向が違うとか言っちゃダメ、ダメだよ……!


その後、道に迷いつつも(わたしの嘘ナビのせいです本当にごめんなさい)
無事、海鮮丼で有名なお店にたどり着き!
本当に港町の食堂~みたいなノリなんですが、はんぱないおいしかったんだぜ!
あと、うに丼とまいか丼推しすぎwwwwwwwww
まあ実際、うにを食べられた大渡先生・チャー先生的にはうにヒットだったみたいですが。
まいかもおいしいですしね。あまくて。
あと、おしょうゆがおいしいんです、島根は。これはゆずれねえ。
あわびもみんなでお刺身分けて食べました。
海鮮丼はわたしは、ちょ、食べきれねえ\(^Q^)/ってなって、上だけべりべり食べたりしたんですが。
お店の方々、本当に申し訳ないです。
あわびは生臭いの苦手な阿部先生も食べられましたし、新鮮な魚っていいだろーと誇らしくなったり!
みなさん絶賛してくださってよかったんだぜ……内心あんだけ推しといてまずいといわれたらどうしようかと。
実際お魚新鮮でおいしかったですしねえ。
やっぱ魚はああじゃなくちゃなー。


かなり長くなったので続きはあとで!
実は今日は妹と母がこっちに来てるので、晩飯の準備があるんだぜ……
スポンサーサイト
Copyright © よんいちぜろ. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。