よんいちぜろ
日々のこととか、自分勝手な呟きとかそんなん。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CATEGORY : にっき
そんなことよりロシア。
DATE : 2010-09-09-Thu  Trackback 0  Comment 0
の歴史が勉強しがいあるよ。410です。
歴史は好きです。というよりなんだろう、万物について理解するのが好きです。どうしてそうなったのかとか。今を分析したりとか。ポリスとかにいそうですね、こういう人。
ギリシャの哲学者って金持ちばっかりだよね。人間について哲学してるけど奴隷とか使役してるんだよね。お前が言うなっていうね。
ギリシャもちゃんと勉強したいなー。というかわたしはローマ帝国以前に弱いのである。

ロシアの歴史の本読んでて、ふと、鎖国時代の日本について考えたりしました。
あの時代ってけっこう漂流しちゃったりして、外国に行った人多いのよね。でも帰ってきたら日本人として扱ってもらえなくて、幽閉されたりとか。せつないだろうなあとか。
ま、外国行ってそのまんま日本帰ってくるのあきらめて帰化した人も多いんだけどねー。
特にロシアは多かったらしいです。そしてロシアには日本語学校があったので、重宝されたんだとか。
鎖国で日本の文化が守られたのはそりゃまあそうなんだろうが、世界の歴史を調べていると、あぁやっぱ遅れてたんだなぁって思うことが多々。
何もかもを否定せずに、結局自分で検証して確かめてみるのが正しいんだろうなとかね。
天然痘云々のあたりとか、ちょっとワンピース思い出したぜ。
あと関係ないけど鎖国時代の日本とオランダ、日本とスペイン、日本とポルトガルの関係の変遷は調べてみるととても楽しいです。オススメ。

-----------------------------キリトリ線----------------------------------------

さて、ここからつらつらと。
わたしはね!思うんですけど!
最近、高校とかって日本史か世界史かどっちかしか勉強しないじゃん?最悪とらないとこもあるんだっけ?
で、しかも!やるにしても、日本史なら受験に使う江戸以降とかしか勉強しないとかね!あるんですよ!
けど、それってだめだと思うの!
わたしが歴史好きだから思うのかもしれないけど、いやいや、よく考えて。どうして江戸時代にそういう政策をとったかとかね、そもそもどうして江戸幕府が出来たのかとかね、日本でいう幕府の成立から天皇の支配まで、勉強しなくていいとこなんかないっしょ!むしろ教科書じゃぜんぜん足りない!
で、しかも。世界史だけ勉強したって日本のことには疎くなるし、日本史だけ勉強してたら取り残される。世界でこういうことが起きたから日本でこうなって、その結果世界は日本をこう見ました!っていうね!そこが大事なわけ!
だから、世界史と日本史は同時にやるべきだと思う。
そもそもさ、受験に必要だからって程度でしか勉強する気がない人には、教えなくていいと思うの。時間の無駄、脳の無駄じゃない。わたしもそうだし。進学に必要だから勉強したけど、理系教科にはそれほど興味ないし、役に立てるつもりもない。それなら最初からいらなくね?
わたしは、もっと別のことに使いたかったなあ。自分が知りたいことを知るためには、時間は足りないんだよ。数学受ける時間があるなら、その時間も世界史の授業受けたかった。
数学はほかの人がやってくれるじゃんー?
義務化してないがしろになるくらいなら、ばらつきがあるほうがマシだと思わない?
もし仮に義務じゃなくて教えてもらえなくて将来困ったとしてもさ、必要になったらその人自身でなんとかすればいいじゃん?
そんくらいの覚悟なしに勉強なんかできるかっつー話だ。
知識ってのはね!価値があるものなんです!
歴史は特にそうだけど、数学にしたって生物にしたって物理にしたって、これまでの人が一生懸命考えて、時間使って残してくれたものでしょう。それをなんとなーくや義務だからでさわりだけやって、ってどうなの。
わたしはなんとなーくで数学をやったことをさりげに申し訳なく思っているし、「歴史好きとか今が見えてねー」とか言うやつは今すぐ公民をやり直すべきだと思う。

歴史ってのは、基本的に「あること」の積み重ねだと思うんですよね。「だったら」とか「もし」なんて習わない。起きたことだけをひたすらに勉強する。ま、実際にはビミョーな情報も多いんだがそれは置いておいて。
事実を知る。正しいかどうか確かめる。
そこまでやってようやく「もしかしたら」と考えることが許されるわけだ。学者が推察をして、こうだと思う、という流れが出来て、やがて新しい「事実」が判明する。
それが嘘八百だったりすることもあるわけだけど、そういう結論に至ったっていう流れがあってこそなわけで、もう一切無駄はないんだよ!
何かあって、それに対して何かを思って、それが数年、数十年、数百年単位で積もって成立するわけじゃないですか。そうすると、今起きていることも積もっていくわけで、どんどん考えなきゃ追いつかないのよ。人間は長く生きても一世紀程度なんだからさー。
過去について考えるより今を見ろ!とかいうけどね、わかってないのよ。過去について知るってことは流れを知るってことでね、過去の流れが変われば今も変わるのよ?わからないなら仮面ライダー電王でも見てきなさい。
わかりやすい例を言うなら、領土問題ね。過去がわかれば今も変わる典型的な例です。
昔を思うにしても今を思うにしても、歴史の流れ……っていうか、方向性とか知らなきゃいけないわけだしさー。逆に今の流れも知らなきゃいけないわけだしさー。知るべきことは尽きなくて、情報はどんどん書き換わる。無駄なことなんかねーし、無駄な時間もねーんす。いや、正確に言うなら無駄ばっかしなんだが、その無駄があるからこその歴史です。
どうしようもねー勘違いとか、今になってみれば馬鹿馬鹿しいこともあるわけですよ。でもその時代の人たちは大真面目にそれをやっていて、その中で積み重なって、流れが生まれて、今に至る。その流れを読み解くために、いろんな情報を統合していく。知ったことが今に、あるいは未来につながる。
どうだ!考えるだけでぞくぞくして、勉強したくならないか!もったいなくないか!てきとーに教科書流し読みとかさ!

今が積み重なって未来になるわけだからさ、将来的に今やってることだってばっかじゃねーのって言われるようになるわけですよ。
避けられないならせめてさー、指差されない程度にがんばりたいじゃん?笑いものになったうえに何にもならなかったらマジもったいないじゃん?
だるっとして笑われるより、頑張りすぎバロスwって笑われたほうがマシじゃね?
要するにね、わたしは、必修なんだぜーって押し付けて時間を奪うのはどうかとおもうのよ。とにかくわたしは一分一秒でも多く、わたしが望む知識を得るために使いたいのよ。だから、こんな、数字と向き合う教科やめたいのよ。統計グラフってなあにおいしいの。

っていう中2のようなことを試験勉強しながらずーっと考えてたんですね。うん、わかったかい?




世界はこれを現実逃避と呼ぶんだぜ!!!
スポンサーサイト
Copyright © よんいちぜろ. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。